【VCT】Sentinelsのdaprが大会終了後に再び殺害予告を受ける

スポンサーリンク
VALORANT

先日行われたVCT Masters Berlin終了後、前回のアイスランド大会で優勝したSentinelsのプレイヤーdaprが多くの殺害予告を受けたことを明かしました。

芸能人やスポーツ選手がネット上で誹謗中傷を受けたりすることはよく聞きますが、e-sportsのプレイヤーも例外ではないようです。

このdaprというプレイヤーは試合中に相手を煽ることで有名で、死体撃ち、屈伸煽りやアビリティの消費までした煽り行為を前回のアイスランド、今回のベルリンでも続けていました。その結果前回はブラジルの対戦相手のファンから殺害予告を受けました。

そして今回も多くの殺害予告をTwitterのダイレクトメッセージなどで受けたようで、彼のtwitchの配信ではそれについて心配するコメントが多く書き込まれました。

dapr「m1xwellをナイフで斬ったからお前の母親を解体して殺すみたいなDMが来てるけど、俺はもう脅迫には慣れたしなんとも思ってないから大丈夫だよ」

殺害予告や脅迫を受けたe-sportsのプロは彼だけではありませんが、daprは普段の素行も相まって標的とされることが多いようです。続けて、

「脅迫してくる奴らはみんな匿名だし、どうせ何もしてこないから俺は何も気にしてない」

本人はまったく気にしていないようですが、果たして本当に大丈夫なのでしょうか・・

そんなdaprはSentinelsの一員として今年12月に行われるValorant Championsに出場し、王座奪還を目指します。

Sentinels Valorant star Dapr reveals gruesome extent of death threats after VCT Masters – Dexerto

コメント

タイトルとURLをコピーしました