レヴナント使い必見!覚えておきたい5つのポイント

スポンサーリンク
Apex Legends

解禁されて間もないレジェンド、レヴナントですが彼を使いこなすためにも下記に紹介する5つのポイントを覚えておきましょう。

テクニックを見ていく前にアビリティのおさらいです。

パッシブ

ストーカー…しゃがんだ状態での移動が速くなり、より高い壁を上ることができる。

戦術アビリティ

サイレンス…敵にダメージを与え、10秒間敵のアビリティを無効にするデバイスを投げる。

アルティメット

デストーテム…プレイヤーを死から保護するトーテムを設置する。キルやダウンを回避するかわりに、トーテムの場所に引き戻される。

+α 小柄…被弾しづらいが、被ダメージが5%上昇する。

デストーテムを置く場所に気を付ける

敵から見えやすい位置にトーテムを設置するとすぐに破壊されてしまったり、狙い撃ちされてしまうのでアルティメットを使う場所が重要となってきます。

しかもコースティックのガストラップを近くに置かれてしまうと、復活した瞬間にダウンしてしまいます。

なので復活後すぐにやられてしまわないように、建物の中や岩陰など射線を切った安全な場所にトーテムを設置するように心がけましょう。

以上の理由から、ドア付近に置くことは避けた方がいいでしょう。

デストーテムの効果範囲に注意する

ダウンしても戻れるデスプロテクションの範囲は、画面上に表示される青いボーダーラインの半径の中だけです。

この半径から出てしまうと効果が切れ、そのままそこでダウンしてしまいます。

しかし、逆にトーテムの周りに敵が密集してきたときや、ガストラップを置かれた時には意図的に範囲から外れることも覚えておかなければなりません。

しゃがみ歩きを有効活用しよう

レヴナントのパッシブ能力は、しゃがみ歩きを普通の歩行と同じ速度にします。

敵に気づかれにくく接近できるうえ、しゃがみレレレ撃ちがとても強力になります。

瞬時に移動する時やジャンプするとき以外はしゃがみ歩きで移動するというのも一つの手段としてはありだと思います。

移動ルートで敵をうまく騙そう

まだ多くのプレイヤーはレヴナントの移動できる範囲を知らないので、相手の予測しない場所から奇襲を仕掛けることができます。

他のレジェンドでは登れないような壁を上って背後から攻撃したり、わざと相手を引き付けてから相手が登れないような場所へ逃げたりします。

また、それと同時にスニーク移動も合わせるとさらに相手を錯乱させることができます。

サイレンスと武器を同時に使用する

まだ気づいていないプレイヤーも多いと思いますが、レヴナントはサイレンスを使用しながら銃を構えることができます。

わずかではありますが銃と共に追加のダメージを与えることができ、さらにエイムしていることによってサイレンスの正確さも上がります。

 

以上、レヴナントを使う上で覚えておきたい5つのポイントでした。レヴナントは今後間違いなく活躍していくレジェンドとなるので今のうちに練習しておきましょう!

シーズン4パッチノート↓

5 tips and tricks for mastering Revenant in Apex Legends Season 4 - Dexerto
Learn how to master Revenant and his three abilities with our tips and tricks guide on Apex Legends' newest character.

コメント

タイトルとURLをコピーしました